Que.howCategory

衆議院の優越が認められているものはなに?

Related Articles
Contens

予算先議権

憲法60条1項
予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。

予算が無ければ国政を行うことが出来ませんから、予算の可決は重要なことです。なので衆議院の優越が認められています。

予算の議決

憲法60条2項
予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

異なる議決をして、両議院の協議会を開いても一致しないとき、衆議院の議決が国会の議決となります。また、参議院は予算案を受け取ってから、国会休会中を除き、30日以内に議決しなければなりません。

法律案の議決

憲法59条2項
衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
憲法59条4項
参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

予算の議決とは違い、両議院で議決が異なる場合は、衆議院での再議決が必要です。また、期間が60日以内と、予算のときの2倍になっています。

条例承認の議決

憲法61条
条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

前条第2項とは、予算議決の条文であり、条例承認の議決は予算議決の規定を準用し、条例承認の議決についても衆議院の優越を認めています。

内閣不信任決議権

憲法69条
内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

『衆議院で』と書かれているので、内閣の不信任決議、信任の決議は参議院では行えず、衆議院のみに与えられている権利です。

内閣総理大臣の指名

憲法67条2項
衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

内閣総理大臣の指名は予算の議決と似ていますが、衆議院での議決後、国会休会中の期間を除いて10日以内と短くなっています。法律案の議決のときのように、衆議院での再議決はありません。



プライバシーポリシー