Que.howCategory

1Kでの二人暮らしはストレスが溜まる?

1Kでの二人暮らしは、以下の理由からストレスが溜まりやすいです。

Contens

必要最低限の家具

家具を少し増やすだけでも、窮屈さがどんどん増してしまうので、『必要最低限の家具』だけを置こうという気になり、その制限がストレスになりがちです。

レイアウトの自由度

ベッドを置くと、他の家具が置ける場所がほぼ決まってしまうので、レイアウトの自由度はかなり低いです。これもストレスが溜まるポイントです。

圧迫感

ベッド、テーブルなどを置くと歩ける範囲がとても狭くなるので、圧迫感を感じやすく、ストレスが溜まりやすいです。

家っぽくない

1Kで住んでいたころは、ロフトベッドなどの大きな家具を置いていたせいもあり、部屋が倉庫、物置のようでした。ベッドも常に見える位置にあるため、住まいって感じがしませんでした。

1LDKなどになると、リビングと寝室がしっかり分かれるので、家っぽさがあり、落ち着くのですが、1Kはあまり落ち着いて住める環境ではないなと思います。

互いの距離の近さ

人によるかもしれませんが、二人が家にいる間はほぼずっと、隣に座ることになるのですが、個人的にはこれはストレスでした。特に喧嘩した後や、相手に対してイライラしている時に近くにいられるのはストレスです。

物音

どちらかが寝ている時に、もう一人が起きていると、物音がそのまま聞こえるのでストレスを感じます。!LDKなどのようにドア一枚でもあれば、それだけで音がだいぶ軽減されます。

明かり

これも物音の場合と似ていて、寝ている時に部屋の明かり、テーブルの明かり、モニターの明かりがあるとストレスです。



プライバシーポリシー