Menu

主語人称代名詞の基礎【フランス語・発音音声付き】

Contents

主語人称代名詞ってなに?

主語人称代名詞というのは『私は』『私が』『あなたは』『あなたが』のように、主語になれる人称代名詞のことです。人称代名詞とは、主に人を指し示す名詞のことです。

例えば、『私は彼女にメールを送った』という文の場合、『送った』という動作の主が『私は』なので、主語が『私は』になり、『彼女に』というのは動作の対象なので、主語ではありません。

特徴

位置と形

日本語の人称代名詞には『私』『あなた』『彼』『彼女』などがあり、これに『は』『が』『を』『に』『の』といった助詞をくっつけることで、その人称代名詞が主語になるのか、目的語になるのかなどを決定しています。

フランス語の場合、助詞のようなものは存在しない代わりに、人称代名詞そのものが形を変化させたり、決まった語順、位置に置くことで、主語なのか目的語なのかを決定しています。

Je la verrai à la gare demain.

私は明日駅で彼女と会う

Je(私は)』は『会う』という動詞の動作主なので、主語です。そしてその動作の対象となるのは『la(彼女)』です。この場合の『la』は直接目的補語であり、主語ではありません。

直接目的補語の場合、『彼女』は『la』であり、主語人称代名詞の場合は『elle』と形を変化させます。

明確にする

日本語の場合、『私は明日、駅で彼女と会う。』という文の『私は』は、言わなくても分かる場合がほとんどなので、省略されるのが普通です。しかし、フランス語では省略しないのが普通です。

人称と数ってなに?

日本語で、話している自分を示す時は『私』などを使い、話し相手を示す時は『君』や『あなた』を使います。こういった区別はフランス語にもあり、人称などと呼ばれています。

詳しくは、後ほど解説していきます。

一覧表と発音

主語人称代名詞の一覧表は以下のようになります。表の下に発音の一覧があります。

人称と数主語人称代名詞
1人称単数
私は
je, j’
2人称単数
君は
tu
3人称単数男性
彼は・それは
il
3人称単数女性
彼女は・それは
elle
1人称複数
私達は
nous
2人称複数
君達は・あなた(方)は
vous
3人称複数男性
彼らは・それらは
ils
3人称複数女性
彼女らは・それらは
elles
je

私は・私が【主語人称代名詞、1人称単数】

tu

君は・君が【主語人称代名詞、2人称単数、親しい間柄に】

il

彼は・彼が・それは・それが【主語人称代名詞、3人称単数男性】

elle

彼女は・彼女が・それは・それが【主語人称代名詞、3人称単数女性】

nous

私達は・私達が【主語人称代名詞、1人称複数】

vous

君達は・君達が・あなたは・あなたが・あなた方は・あなた方が【主語人称代名詞、2人称複数】

ils

彼らは・彼らが・それらは・それらが【主語人称代名詞、3人称複数男性】

elles

彼女らは・彼女らが・それらは・それらが【主語人称代名詞、3人称複数女性】

使い方

1人称単数

1人称単数というのは、日本語だと『私は、僕は』などであり、話し手1人だけを指すものです。

Je vais acheter un livre demain.

明日私は本を買いに行くつもりです

上の例文の場合、本を買いに行くのは話し手自身であり、『私』1人がどうするかを話しています。

J'étudie le français depuis un mois.

私は1ヶ月前からフランス語を勉強しています

Je』は次にくる語が、母音か無音のhで始まる場合に『J’』に変化して、次の語と繋がります。

2人称単数

2人称単数というのは『君は・君が』のように、話し相手1人を指すものですが、フランス語の2人称単数の『tu』は、敬語を使わないで話すような親しい間柄で使う言葉です。敬語を使うような相手には、後で解説する2人称複数の『vous』を使います。

Tu es au salon de coiffure maintenant?

君は美容院にいるの

上の例文では、話し手自身でもなく、第三者でもなく、話している相手に『美容院にいるのか』どうかを尋ねています。

3人称単数男性

3人称単数というのは、話し手でもなく、話し相手のことでもなく、それ以外の誰か1人を指し、そして、3人称単数男性なので、男性を指して『彼は・彼が』のように使います。また、フランス語の3人称単数男性は、人だけでなく、男性名詞の物事に対しても使います。

Il mange une omelette.

彼はオムレツを食べている

3人称単数女性

3人称単数女性は、3人称単数男性と違い、女性か女性名詞の代わりとなるものです。人の場合は『彼女は・彼女が』となります。

Elle adore le chocolat.

彼女はチョコレートが大好きだ

1人称複数

1人称複数は、日本語の『私達』であり、話し手とその他を含み、複数人を指すものです。フランス語の主語人称代名詞の1人称複数は『nous』ですが、これはやや堅い表現となるので、代わりに、日常会話やくだけた書籍などでは『on』を使うようです。

Nous étudions la littérature japonaise à l'université.

我々は大学で日本文学を研究している

2人称複数

2人称複数は、日本語の『君達・あなた達・あなた方』などのことであり、話し手以外の複数人を指す時に使います。ただし、フランス語の主語人称代名詞の2人称複数『vous』は、話し相手1人だけを指す場合があります。これは、敬語を使うような相手の場合です。複数人に対して使う場合は、敬語を使うような相手かどうか関係なく使います。

Vous êtes tous les deux grands.

あなた達は2人とも背が高いよね

上の例文の場合、特定の2人を指して『背が高い』と説明しています。

あなたは免許証は持っていますか

上の例文の場合、相手が1人であっても、敬語を使うべき相手なら『tu』ではなく『vous』を使います。動詞の活用は、相手が1人でも『vous』を使うなら2人称複数の場合のものになります。

3人称複数男性

3人称複数というのは、日本語の『彼ら・彼女ら・それら』などであり、話し手も話し相手も含めない、複数の第三者を指します。また、3人称複数男性というのは、第三者のグループが男性のみか、男性女性の混合の時に使われます。そして、人に限らず、動物や男性名詞に対しても使われます。

Ils sont mes amis.

彼らは私の友達です

上の例文の場合の『amis(友達)』は、男性のみを指しているかもしれませんし、男女混ざっているかもしれません。女性の人数の方が多かったとしても、1人でも男性がいれば『ils』を使います。

3人称複数女性

3人称複数女性は、3人称複数男性の場合とは違い、女性のみ(女性名詞のみ)を指します。

Elles sont mes amies.

彼らは私の友達です

この場合の『amies(友達)』は、女性のみであり、男性は含まれていません。