Menu

【初級】名詞の基礎【英語・発音音声付き】

Contents

名詞ってなに?

名詞は、人名や地名、その他の物事の名前、呼び名を表す品詞で、形容詞に修飾されることがあります。

book

Japan

日本

性別と数

スペイン語やフランス語、ドイツ語などの名詞には文法上の分類として『性別』がありますが、英語にはありません。

ただし、単数か複数かの数の区別があり、基本的には、物が1つしか無ければ単数形を使用し、2個以上、複数ある場合は複数形にします。

日本語の名詞には、単数と複数の区別がないので形が変わりません。

book

(1冊の)本(単数形)

books

(いくつかの)本(複数形)

英語の名詞は、単数か複数かで形が変わることが多く、発音も変化します。名詞の複数形については、また後で簡単にご紹介します。

種類

名詞には『必ず大文字から始まるもの』とそうでないもの、また、『数えられるもの』とそうでないものといった種類があります。

大文字から始まるもの

英語の文は、最初の1文字を大文字にし、それ以降を小文字で書くのが原則ですが、名詞の中には、文の途中であっても頭文字を常に大文字にするものがあります。

常に頭文字を大文字にするのは、人名、地名、国名などの固有名詞、そして、月や曜日の名前などがあります。

China

中国(国名)

Sapporo

札幌(地名)

January

1月(月)

Monday

月曜日(曜日)

数えられるもの・数えられないもの

英語の名詞には、数えられる名詞とそうでないものの2種類の性質があり、どちらか一方の性質しかない名詞もあれば、両方の性質があり、数えられる名詞として扱った場合と、そうでない場合で意味が変化するものがあります。

数えられるもの

英語で数えられる名詞(可算名詞)というのは、単数と複数を区別があり、数詞(1、2、3など)を直接つけて数えられるものです。そして、それらの名詞は冠詞(a や the)の後に置くことが多いです。

a book

本(が1冊)(可算名詞)

three books

本が3冊(可算名詞)

Words
a

いくつか、たくさんある中のどれか1つ(冠詞)


three
three

3(数詞)



数えられないもの

それに対し、数えられない名詞(不可算名詞)は、複数形が無いのが基本であり、数詞を直接つけて数えることが出来ません。

『数えられない名詞』ではありますが、数えることは出来ます。ただし、数え方が『数えられる名詞』とは少し違います。

two pieces of furniture

家具2点

a bowl of rice

1杯分のごはん(白ごはん)

Words
furniture
furniture

家具(不可算名詞)


rice
rice

お米(不可算名詞)



複数形

名詞には単数と複数の区別があり、対象が1つだけの時は単数形を使用し、複数あるなら複数形にするのが基本です。ただし、不可算名詞のように、基本的に単数にする名詞もありますし、複数形しかない名詞もあります。

名詞を複数形にするには、単数形に『s』か『es』を付けるのが基本です。単数形の最後の文字を別のものに置き換えてから付けるものもあります。更に、不規則に変化するものもあります。

watch

腕時計(単数形)

watches

(複数個の)腕時計(複数形)

towel

タオル(単数形)

towels

(複数枚の)タオル(複数形)

leaf

葉(単数形)

leaves

葉(複数形)

leaf』は単数形であり、『葉』を意味します。複数形にするには、『s, es』をそのままつけるのではなく、最後の『f』を『v』に変更してから付けます。

woman

女性(単数形)

women

(複数の)女性(複数形)

所有格

所有格とは、何かを所有したりする時の形で『AのB』といった風な表現をする時に使います。

名詞の場合に『AのB』と言う時は『A's B』や『B of A』のように、『's』や『of』を使います(使わないこともあります)。

Emma's shoes

エマ(人名)

cat's tail

尻尾

Words
shoes
shoes


cat
cat


tail
tail

尻尾・後部



the leg of the table

テーブル

Words
the
the

(その)【冠詞】


leg
leg

脚・足


table
table

テーブル



the north entrance of the station

北口

Words
north
north


entrance
entrance

入口・玄関


station
station