Que.howCategory

接続詞とは?

接続詞とは、日本語だと文と文を繋ぐための品詞であり、英語だと、文だけでなく、語と語、句と句を接続する品詞です。


今日はとても寒い。しかし、子供たちはとても元気だ。

上の例文では、接続詞の1つである『しかし』が使われており、前の文『今日はとても寒い』と、後の文『子供たちはとても元気だ』との関係性を示しています。

しかし』は逆接の接続詞であり、前の文から考えられる事と反する内容が後に続くことを表します。この場合、『今日はとても寒い』ので、あまり動きたくないものだが(少なくとも話し手はそう考えている)、子供たちは寒さなど関係なく元気であると、予想される事とは違う内容を伝えています。

Related Articles


プライバシーポリシー