Que.howCategoryプライバシーポリシー

動詞 | スペイン語

Related Articles
Contens

不定詞

スペイン語の動詞の不定詞の形(原形)は、語尾が ar, er, ir のいずれかとなっており、これらは活用の元となる形であり、活用させる時には、これらの語尾を取って、別の語尾をくっつけます。

スペイン語には、直説法、接続法、命令法の3つの法があり、どういった内容を伝えるかで、使い分けます。また、同じ現在形であっても、法が異なると、異なる活用をします。

例えば、comprar(買う)という動詞の直説法現在の1人称単数形は compro ですが、接続法現在の1人称単数形は compre という風に異なっています。

人称と数

スペイン語の動詞は、時制だけでなく、主語の人称と数によって活用するので、動詞には時制ごとに6個の活用形があります(1、2、3人称とそれぞれに単数形と複数形で6個)。簡単に言えば、主語が1人称単数の時の動詞の形、2人称複数の時の動詞の形などが存在します。

Related Articles

以下の例は、comprar(買う)という動詞の直説法現在の人称と数による活用です。

人称と数
不定詞
comprar
1人称単数
compro
2人称単数
compras
3人称単数
compra
1人称複数
compramos
2人称複数
compráis
3人称複数
compran

時制

助動詞と組み合わせて表現する時制もありますが、動詞1つで表現できる時制もあります。ここでは簡単に、助動詞を必要とせず、動詞だけで作る時制の、動詞の活用をご紹介しておきます(それぞれの形は1人称単数の時のものです)。

法と時制
不定詞
comprar
直説法
現在
compro
直説法
点過去
compré
直説法
線過去
compraba
直説法
未来
compraré
直説法
過去未来
compraría
接続法
現在
compre
接続法
過去ra形
comprara
接続法
過去se形
comprase
接続法
未来
comprare
命令法
compra
直説法と時制

Category
  1.  > 語学
  2.  > スペイン語
  3.  > 文法
  4.  > 動詞