Que.howCategoryプライバシーポリシー

接続法 | スペイン語

Related Articles
Contens

基本

スペイン語の接続法は、従属節がある場合に、主節で特定の動詞、表現がある場合に、主節の動詞は直説法で、従属節の動詞は接続法の形にするものであり、直説法に比べ、やや確信に欠ける表現が多いのが特徴です。

用法

要求、願望

誰かに対して『〜して欲しい』のような要求や願望を伝える時に使われます。

Quiero que te encargues de mis hijos por un tiempo.

少しの間、子供の面倒を見てて欲しい。

気持ち

『嬉しい』『悲しい』などの気持ちを伝える表現に使われます。

Me alegro de que no haya llovido hoy.

今日は雨が降らなくて良かったね。(私は、今日、雨が降らなかったことを嬉しく思う。)

疑念、不安

不安や心配していること、何かに対する疑いを表現する際に使われます。

Me preocupa que pierda mi vuelo.

飛行機に間に合うか心配だ。(私は飛行機に乗り遅れることを心配している。)

思わないこと

主節で『〜思わない』という意味がある場合に使われます。

No creo que el inglés sea difícil.

英語が難しいとは思わない。


Category
  1.  > 語学
  2.  > スペイン語
  3.  > 文法
  4.  > 法・時制
  5.  > 接続法