Que.howCategoryプライバシーポリシー

線過去 | スペイン語

Related Articles
Contens

構成

スペイン語の線過去は、動詞の直説法線過去形1つで作るのが基本です。

Hacía calor ayer por la tarde.

昨日の午後は暑かった

用法

過去において、その時点での未完了の出来事を伝えるのに使います。完了した時間、継続した明確な期間を表す言葉を伴う場合は、点過去を使うのが適切です。

曖昧な期間における状態、出来事の継続

過去における出来事で、完了した時間が明確でない場合、線過去を使います。

Cuando era niño, estaba gordo.

子供の頃(子供だった頃)、私は太っていた

上の例文は、『子供の頃』という曖昧な期間、『太っていた』という状態を説明しています。

過去における習慣、定期的に行っていたこと

Cuando vivía en Nagano, solía beber mucho.

長野に住んでいた頃は、よくお酒を飲んでいた

上の例文は、『長野に住んでいた頃』という風に、いつからいつまで住んでいたのかを明らかにしていませんが、その頃は、お酒を飲むという習慣があったことを示しています。


Category
  1.  > 語学
  2.  > スペイン語
  3.  > 文法
  4.  > 法・時制
  5.  > 直説法
  6.  > 線過去