Que.howCategory

be動詞と一般動詞との違い | 英語

Related Articles

一般動詞とbe動詞の違いをまとめると、以下のようになります。

まず、be動詞は原形と現在形が異なり、一般動詞は、原形と現在形が一緒なのが基本です(一般動詞は主語が三人称単数の場合のみ、原形と形が異なる)。

be動詞は、原形が be ですが、現在形は am, are, is のいずれかです。一般動詞は、例えば、eat(食べる)は、原形も現在形も eat なのが基本です。


be動詞は主に、主語の特徴や状態、属性を説明するのに使われますが、一般動詞は主に、動作や出来事を説明するのに使われます。

Related Articles
British This soup is very good.
American This soup is very good.

このスープ美味しいね。(スープの味の説明)

British He gulped down the soup.
American He gulped down the soup.

彼はスープを一気に飲み干した。(飲み干すという動作の説明)


一般動詞とbe動詞では、否定文の作り方も違います。

be動詞の否定文は、時制や、主語の人称や数にかかわらず、be動詞の後に not を置くだけで作れます。

Related Articles

一般動詞の否定文は、現在形の場合、動詞の前に do not (don't) を置いて作るのが基本であり、主語が三人称単数の場合には、動詞の前に does not (doesn't) を置きます。過去形の場合には、動詞の前に did not (didn't) を置きます。

British I am not a student.
American I am not a student.

私は学生ではありません。

British Yesterday was not busy.
American Yesterday was not busy.

昨日は忙しくなかった。

British I don't speak Spanish.
American I don't speak Spanish.

私はスペイン語が話せません。(現在形で主語が三人称単数ではない。)

British He doesn't speak English.
American He doesn't speak English.

彼は英語が話せない。(現在形で主語が三人称単数)

British I didn't buy any detergent after all.
American I didn't buy any detergent after all.

私は結局、洗剤を買わなかった。(過去形)


疑問文の作り方も異なります。

be動詞の場合は、肯定文の語順から be動詞を先頭に移動させて作りますが、一般動詞の場合は、肯定文の語順のまま、文頭に Do, Does, Did のいずれかを追加して作ります。

Related Articles
British Is this flat new?
American Is this apartment new?

このマンションは新築ですか?

British Was this place a pond?
American Was this place a pond?

ここは池だったの?

British Do you speak English?
American Do you speak English?

英語を話せますか?(現在形で主語が三人称単数ではない)

British Does she study dolphins?
American Does she study dolphins?

彼女はイルカの研究をしているの?(現在形で主語が三人称単数)

British Did you travel to Hawaii in the summer?
American Did you travel to Hawaii in the summer?

夏はハワイ旅行したの?(過去形)



プライバシーポリシー