Que.howCategory

be動詞の短縮形 | 英語

Related Articles
Contens

主語との短縮形

be動詞の現在形は、主語が人称代名詞の場合、形を変えて、主語とくっついて短縮形を作ることがあります。過去形は、人称代名詞とくっついて短縮形を作ることはありません。

be動詞が短縮形になる場合、頭文字が『 '(アポストロフィー)』に変化し、主語の人称代名詞とくっつきます。人称代名詞との間にスペースはありません。

主語や文を強調する場合、固い文章以外は、短縮形を使うことが多いです。

以下は、主語の人称代名詞とbe動詞の短縮形です。

短縮形
British I am
American I am
British I'm
American I'm
British You are
American You are
British You're
American You're
British He is
American He is
British He's
American He's
British She is
American She is
British She's
American She's
British It is
American It is
British It's
American It's
British We are
American We are
British We're
American We're
British You are
American You are
British You're
American You're
British They are
American They are
British They're
American They're

ごくたまに、以下のような短縮形、省略形をツイッターなどで見かけることがあります。ただし、ちゃんとした使い方ではありません。

省略形
I amim
You areur

uryour の省略形である場合もあります。

not との短縮形

notn't に変化し、be動詞とくっついて短縮形を作ることがあります。ただし、主語が人称代名詞の場合は、not とくっついて短縮形を作るよりも、人称代名詞とくっついて短縮形を作る方が自然です。

主語の人称代名詞と be動詞、そしてnot 全てがくっついた短縮形というのはありません。また、am not の短縮形である amn't は一部の地域以外では、使われることがありません。

短縮形
British am not
American am not
British amn't
American amn't
British are not
American are not
British aren't
American aren't
British is not
American is not
British isn't
American isn't
British was not
American was not
British wasn't
American wasn't
British were not
American were not
British weren't
American weren't

これ以外にも、am not, are not, is not の代わりとして ain't という短縮形もありますが、これは、かなりくだけた表現であり、やや下品な表現でもあるので、普通は使わない方が良いでしょう。

British ain't
American ain't




プライバシーポリシー