Que.howCategoryプライバシーポリシー

未来時制 | 英語

Contens

be動詞 + going to + 動詞の原型

主語が強く信じている、そうなると強く思っている未来を話す場合に使われます。例えば、予め決めておいた予定、計画を伝えたり、明確な根拠や兆候があって、それを主観的に伝える場合などです。

I'm going to make a curry today.

今日はカレーを作るつもり

上の例文は、前もってカレーを作ろうと思っていた場合や、既にそのための具材を用意している場合に使います。

I'm going to finish my homework by the day after tomorrow.

明後日までに宿題を終わらせるつもりだよ

上の例文も、話している時点で既に、そういった計画があったことを伝えています。

It's going to be hot this week.

今週は暑そうだ。(暑くなりそうだ

上の例文では、天気予報を見たり聞いたりするなどして、その根拠を元に、主観的に話しています。

will + 動詞の原型

be going to を使わない場面では、 will を使った未来表現が使われることが多いです。

I'll make coffee.

コーヒー入れよっと

上の例文は、コーヒーを入れるという行為を今しようと思った表現となります。

The train will be here soon.

もうすぐ電車が来るよ

上の例文では、ただただ客観的に『電車が来る』と言っているだけの表現です。


Category
  1.  > 語学
  2.  > 英語
  3.  > 文法
  4.  > 時制
  5.  > 単純
  6.  > 未来