Que.howCategory

縄文時代の石器ってどんなだったの?

縄文時代では、石の表面を磨いて作った磨製石器(ませい)も使われるようになりました。旧石器時代にあった打製石器も用途に応じて使われ続けました。

打製石器は『切る』用途(肉を切ったり、矢じりとして)に使われ、磨製石器は木を切ったり、木材加工、木の実などをすりつぶすためなどに使われました。呪術のために使われる、男性器の形を表現した石棒(せきぼう)も磨製石器の1つです。



プライバシーポリシー