Menu Que.how Home Category プライバシーポリシー

AMPってなに?対応した方が良い?メリットとデメリットについても解説

ブログで収益化をしている方であれば、一度くらいはAMPという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

この記事では、そのAMPとは何か、また、対応した方が良いのかや、メリットとデメリットについても解説していきます。

AMPってなに?

AMPは、Googleが推奨している新しいWebの仕組みの1つで、これを利用すると、主にスマートフォンで高速にブログなどのページが表示されるようになります。

表示速度が上がるので、ユーザーの利便性が高まり、アクセス数や収益の増加に繋がる可能性があります。

基本的な仕組み

独自のHTMLを用意する

AMP対応させるためには、AMP専用のHTMLでページを構成しなければなりません。WordPressだと、そのためのプラグインがあるようですが、動作が不完全であったり、元のデザインとは全く違う、とてもシンプルなものになってしまうようです。

デザインをなるべく変更せずにAMP対応するためには、『AMP.dev(公式ページ)』をチェックし、その記述方法にしたがってページを作成しなければなりません。

専用CDNにキャッシュ

AMP対応されたページは、Googleが用意しているCDNにページデータも画像も自動的にキャッシュされます(スマホからの検索のみ)。

ブログ記事を配信しているサーバーとは別のCDNから配信されるようになるため、元のサーバーの負荷が減りますし、一時的に爆発的に検索数が増えたとしてもCDNで処理してくれるでしょう。

表示速度が上がる?

AMPは独自のJavaScriptの使用を制限したり、HTMLタグも一部を独自のものに置き換えたりすることで、ページを軽量化するので、通信速度が遅くなりがちなスマホでも高速に表示させることが可能です。

また、GoogleのAMP専用CDNにキャッシュされた時、キャッシュされたページは更に最適化されてCDNから配信されるので、通常のHTMLで作ったページを最適化した場合よりも、ずっと高速に表示されます。

遅くなる場合も

Googleのサーチコンソールでページの速度を確認してみると、スマホだとどのページも中速となっていますが、PC版だとAMP化する前はどのページも高速の評価だったのに、AMP化すると半分以上のページが中速評価になりました。

AMP化を解除すると元の高速評価に戻ったので、元々十分にページの軽量化、最適化がなされている場合には、AMP化すると表示速度が落ちる可能性があります。

AMPも一種のライブラリのようなものなので、多くの機能を読み込んだことで、速度が低下したのかもしれません。とはいえ、GoogleのAMP専用CDNにキャッシュされれば、スマホからの表示は爆速になるので、導入したいところです。

5Gになったら無意味?

2020年1月現在、そろそろ5G回線が用意されるかもと噂されています。5Gは4Gよりも高速で大容量の通信が可能な回線です。

5Gが導入され、スマホのスペックも上がれば、わざわざAMP対応しなくても問題ないでしょう(サイトの軽量化は必要です)。それでも数年は4G回線のままの地域もあるでしょうから、その対応のためにAMP対応しておくのも良いかなと思います。

AMPにはWebページを最適化するために便利なライブラリが沢山ありますから、高速な回線が用意されていても、利用する価値はあります。

海外対応

日本はスマホ利用者も多いですし、回線もよく整備されているので、あまり問題にならないかもしれませんが、海外では2Gや3Gが一般的な地域も多いでしょう。

そういった地域が多い国で配信することを考えているのであれば、AMP対応はしておいた方が良いです。

対応の困難さ

TwitterでAMPについて検索していると、AMP対応すると、デザインの一部が正常に表示されなかったり、広告が表示されなくなったり、アクセスが激減したというツイートを時々見かけます。

AMPは専用のHTMLタグを使用したり、様々な制限が存在するので、しっかりとAMPのルールに添った設計をしないと、正常に表示されなかったりします。

そういった不具合に対処したり、AMPで1からデザインを設計する場合、HTMLやAMPについて高いレベルの知識が要求されるため、AMP対応が困難になる場合が多いでしょう。

不具合

Googleの検索結果から、AMP専用のCDNにキャッシュされた記事を開くと、『AMPビューア』という専用のビューアでページが表示されます。

このAMPビューアには不具合が多いと感じており、例えば、記事をスクロールすると途中から真っ白になって表示されるまでに時間がかかったり、表示されなかったりする場合がよくあります。

また、検索結果からページを開き、そのページ内のリンクから別のページへ移動し、また元のページへ戻ると、リンクやボタンが反応しなくなることがよくあります。

当ブログでも一時的にほぼ全てのページをAMP対応させていましたが、これらの不具合に困り果て、AMP対応を解除しました。

SEOにとってメリットがある?

2020年1月現在では、Googleは、AMP対応しても検索順位に影響しないといったことを言っているので、SEOにとってメリットは無いかもしれません。

ただ、AMP対応したことでユーザーの滞在時間が伸びたり、直帰率が減ればSEOにとって間接的にはメリットがあると言えるでしょう。

さいごに

元々、ページが高速に最適化され、軽量化もされ、日本のようにほとんどの地域で高速な通信が可能であれば、AMPの重要性は低いかもしれません。

とはいえ、それでも通信速度が遅いエリアや時間帯がある可能性がありますから、他のサイトと差をつけるためにもAMP導入は検討してみても良いでしょう。

ただ、HTMLやAMPのついて高い知識がないと不具合に対処できないかもしれません。試行錯誤してみることが大切になってくるでしょう。